はぐHUG 紹介と歴史

はぐHUGは「第1回 子育てサポーター養成講座(2004年開催)」の修了生が「ベビーカーで行くことができる場所を作りたい!」と提案し、立ち上げをした広場です。現在は会場で開催中。
また、2020年度より「いなりHUG」が「いいねHUG」と名称を変え、会場もJR豊川駅近くのサーラプラザ豊川 グリーンホールに移動しました。
2005年度に始まり、15年間続いている(特非)とよかわ子育てネットでも歴史のある事業の一つです。

♪ねぇ、教えて♪
<Question1>
はぐHUGはどんな広場なの?
<Answer>
・地域の親子が気軽に知り合える場所!
・初めて参加した人にも前からの利用者さんが声をかけたりしてくれるアットホームな雰囲気の広場。
・ティータイムがあり、ママ・パパがホッと一息できる時間があります。(2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となっています)

<Question2>
各会場、どこへ行っても同じことをしているの?
<Answer>
・プログラムはないです。各会場がスタッフやボランティアと話し合って利用者さんが過ごしやすい雰囲気を作っています。
・テーマを一つ(9月なら「夏の思い出」とか)盛り込みながらスタッフも自分のことを紹介する会場もあるし、手遊びから始める会場もあるよ。
・各会場に特徴があって、いくつかのHUGに参加している利用者さんもいるよ。

♪はぐHUGの歴史♪
◎2005年度(平成17年度)
・地域サロン はぐHUGを3箇所で開設
東部サロン(豊川公民館)
中部サロン(ウィズ豊川)
西部サロン(西部地域福祉センター)
◎2010年度(平成22年度)3月
・中部サロンを閉鎖。
◎2011年度(平成23年度)4月
・会場の名称を「サロン」から「HUG」に変更。
・ごゆHUG(御油公民館)を開設。
◎2011年度(平成23年度)10月
・うしくぼHUG(牛久保公民館)を開設。
・東部HUG(豊川公民館)を閉鎖
・いなりHUG(薬師堂境内)を開設。
◎2019年度(令和元年度)
・参加費を100円から200円へ変更。
・せいぶHUGを閉鎖。
・はちなんHUGを開設。
◎2020年度(令和2年度)
・いなりHUGを閉鎖。いいねHUG(サーラプラザ豊川 グリーンホール)を開設。

★4会場の情報やHUGの目的を共有するためリーダー会議を開催。利用してくれる親子の変化(社会情勢)に合わせながらHUGは進化しています★

戻る(BACK)

HOT NEWS!

◎10/5(月)「はじめてのMAH」開催しました。
2020年5月~7月生まれの第1子の赤ちゃんとママがMAHへ来てくれました。手遊び、ふれあい遊び、大型絵本の読み聞かせ、ママのおしゃべりタイムと盛りだくさんでした。
つどいの広場「MAH」についてはこちらからどうぞ。

◎豊川市には子育てに優しい事業所がたくさんあります。子育て中のみなさんの安心につながるようにと願い、2020年度版「子育て家庭SOS」という冊子を発行しました。詳しくは子育て家庭SOSよりお入りください。









♪♪インスタ始めました♪♪








  

検索